抹茶 圧倒的人気no1

抹茶 圧倒的人気no1

抹茶 圧倒的人気no1

抹茶は日本ではすでに確固たる地位を築いています。

 

抹茶と言うと日本発祥だと考えてしまいがちですが、実は違うのです。抹茶の歴史は、元のお茶の歴史から始まります。

 

当初は日本でも医療品として利用され貴族や裕福な人々のみが口にできました。

 

1191年、臨済宗開祖の栄西が中国から戻った際、種子だけでなく、茶の粉末をお湯と混ぜて頂く抹茶法を伝えたのです。

 

そして当時の将軍、源実朝にお茶についての書物を献上した後は、どんどん武家階級にも広められ、その後南北朝時代には抹茶は一般階級にも口にでき雨量になりました。

 

その後、千利休らによて侘茶(わびちゃ)として大成します。そのような流れで現在の茶道として完成されました。

 

お茶は中国から伝来しましたが、日本ならではの発展を遂げて、素晴らしい文化の一つとして伝承されているのは、いかにも日本の創意工夫が表されているように思います。

 

最近の世界的な日本食ブームによって、お茶は様々な国で楽しまれています。

 

グリーンティー、もしくはそのままMatchaとして様々な食品や飲料に用いられています。

 

それでは、楽天市場で圧倒的人気の商品をご紹介します。

おいしい抹茶の選び方

お茶で有名といえば、日本3大茶の静岡茶、宇治茶、鹿児島茶です。

 

これらの産地のお茶は是非試してみたいですね。抹茶は抹茶の原料となる碾茶に対して官能審査というチェックをするのです。

 

熟練の茶師が茶葉はもちろん、熱湯やお湯に茶葉を浸した状態でも香り、色、味をチェックします。

 

これらを経て総合的に判断し等級を決めるのです。やはり等級が高いと、質も良いということになるようです。

 

抹茶には二種類あり、濃茶と薄茶なるものがあります。

 

濃茶は抹茶を濃く練っていただくものであるので、苦味や渋みの強い下級品には適しません、よって高級品になります。

 

上品なまろやかさと香りを持ち、どろっとしたお茶に仕上がります。ゆっくりと、茶会などで楽しむにはもってこいの高級品です。

 

薄茶は濃茶よりは品質は下ですが、これも飲む方の好みで、サラサラとした飲み口が好きな方にはぴったりです。

 

抹茶は上級品になるほど旨みが濃く、香り口当たりも良く、緑色が明るく鮮やかです。

 

選ぶときには、濃茶薄茶のお好みもあると思いますが、あくまでも目安で30グラムほどの量で薄茶には1000円以上、濃茶には1500円以上のものがおすすめです。

 

もしお菓子、料理、そして抹茶ラテなどを楽しみたいのであれば、専用のお手頃な価格のものもあります。

 

楽しみ方によって選ぶお茶の種類、お値段なども違ってきます。

抹茶を飲んでみました

実際に茶会などで正式にお抹茶をいただくことは、茶道を習われている方でないとなかなか無い機会だと思います。

 

もちろん、そのような場所でいただくお抹茶は最高に美味しいと思いますが、自宅でも簡単に楽しむことができます。

 

自宅にある陶器のお椀、そして茶筅があれば自己流でも、実際に泡立ちのあるお抹茶がいただけます。

 

試してみましたが、きちんと分量やお湯の温度に注意し、茶筅でクリーミーになるように混ぜ合わせると、なかなかの出来上がりになり、きちんと香りも立ってきました。お味も美味しく十分楽しめることと思います。

 

抹茶ブームはここ10年のうちに広がり、衰えることがないのでスーパーやお茶屋さんに行ってみると簡単に抹茶の飲み物を楽しむこともできます。

 

きっちり一杯分の抹茶が入っているパケットもオススメです。これは時間のない方や忙しい方にぴったりで、普通のお茶を頂くよりは気分も少し高貴な感じを味わえ、香りも良く疲れを和らげてくれると思います。

 

抹茶のパケットの種類も数々あり、抹茶ミルクや抹茶ラテなるものも販売されています。

 

これも試しましたが、ほんのり甘く、ミルクと抹茶がこれまた良く合っていました。抹茶自体がほんのり甘いので、お湯以外にも会うことに気づきました。

 

いつでもどこでも、少しの時間があれば抹茶を楽しめることはできます。

おすすめ、人気の抹茶スイーツ・菓子

たまに空港を利用するのですが、その度にお店で目にするのが抹茶入りのスイーツの数々です。

 

国際線の出発ロビーでは、お茶専門店もあり、お茶はもちろんのこと、抹茶入りの食品もかなりの品数を揃えています。

 

比較的気軽に楽しめるのは、日本国内でおなじみのキットカット抹茶味、ポッキー抹茶味、コロン抹茶味、などなど日本のスーパーでも手に入るものかと思います。

 

その他、海外の方も好きそうなクッキー、バームクーヘン、そしてチョコレートなどなど多数あります。

 

黒蜜やバニラクリームと一緒に作っているスイーツ(ロールケーキ、バームクーヘンなど)は大変美味しかったです。和菓子ならば、京都の生八つ橋の抹茶バージョンですね。

 

中に詰まっているあんこも抹茶から作られていますし、さらに包んでいるぎゅうひも抹茶が練りこまれていて、味はもちろんのこと、見た目も鮮やかな緑色でとっても上品なお味を楽しめることができます。

 

そしてカフェでも抹茶のスイーツの飲み物はたくさん見かけます。よく見かけるのはスターバックスの抹茶フラペチーノです。

 

日本ではもちろんおなじみですが、アメリカでも人気で初夏になると多くの方”グリーンティーフラペチーノ”を注文しています。

 

アメリカではかなり甘みが強く感じますが、いかにも海外バージョンという感じで美味しくいただけます。

 

他にもかき氷など数えたらきりがありませんが、やはり抹茶は何と合わせてもしっくりくる上に、その他の素材も引き立てる役割もあるのだなと感心することばかりです。

スポンサードリンク